ゴールデンウィークに小学校を休ませるべき?

ゴールデンウィークに小学校を休ませるべき? ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク中に大型旅行を計画している家庭の保護者の中には、子供たちに小学校を休ませることに躊躇している方もいるでしょう。

その理由は、この期間中に平日に小学校を休むことがルール違反ではないか、また本当の理由を言ってもよいのかという疑問があるからかもしれません。

そこで、この記事では、ゴールデンウィークの平日に小学校を休ませることが適切かどうかについて、考えていきたいと思います。

GWの平日、小学校を休ませるのは妥当か

ゴールデンウィーク中の平日に小学校を休ませることについては、賛否両論があるでしょう。

多くの場合、家族旅行が理由として挙げられます。

子供が成長するにつれて、家族旅行の機会が減少していくため、思い出をたくさん作りたいという思いがあるのかもしれません。

賛成派は、1日または2日の休み程度であれば、小学校に影響を与えることはないと考えます。

このような考えを持つ家庭は、裕福であることや、成績の良いお子さんを持っていることが多いため、全体的には少数派です。

また、実際にその期間中に小学校を休む子供たちは、通常登校する子供たちに比べて少数派であるため、判断は慎重に行われるべきです。

なぜなら、妬みややっかみによって、休むことによってお子さんが不利益を被る可能性があるからです。

一方、反対派の意見としては、皆勤賞を狙っているお子さんや、旅行よりも小学校に行くことを望んでいるお子さんがいる場合、休ませることを無理強いすべきではないという考え方があります。

お子さんがどうしたいかを最優先に考え、周囲の反応もよく考慮した上で、判断することが大切です。

GW中の平日に小学校を休ませる理由

もしゴールデンウィーク中に子供の小学校を休ませたい理由があるなら、それはおそらく旅行であると思われます。

子供たちは夏休み、冬休み、春休みなど長期の休暇を取ることができますが、大人が同じような休暇を取れるのは、お盆とお正月を除いてはゴールデンウィークぐらいしかありません。

したがって、家族でのまとまった旅行や遠く離れた祖父母の家に行くためには、ゴールデンウィークの平日を休みにする必要があります。

しかし、小学校を旅行のために休ませることに後ろめたさを感じたり、何か別の理由を考える必要が場合があったりというデメリットがあります。

ルール上ではご両親の都合で学校を1日や2日休ませることには問題はありませんが、義務教育の場合、長期間学校を休むことは処罰の対象となります。

ゴールデンウィーク中に旅行などが理由で小学校を休ませることはルール違反ではないため、急病のふりをするなどの嘘をつく必要はありません。

代わりに、家庭の事情で小学校を休む旨を正直に先生に伝えることが望ましいでしょう。

ゴールデンウィークの日程が決まり次第、「家庭の事情で、5月○日はお休みします」と先生に伝えれば、理解してくれるはずです。

ゴールデンウィークに小学校を休ませるべきか まとめ

ゴールデンウィーク期間中にお子さんの小学校を休ませることについて、まとめます。

・法的に問題があるかというと、特に問題はない
つまり、お子さんの小学校から注意や罰則を受けることはない。

・お子さんの教育に対して責任がある保護者の方は、その責任をしっかりと果たす
家族旅行などの理由でお子さんの小学校を休ませる場合には、お子さんにしっかりと説明をして、一緒に決めるとよい。

・お子さんの小学校には事前に連絡をすることが大切
その際には、明確な理由を伝えることが望ましい。

小学校側も、保護者の方が家族旅行などの理由でお子さんを休ませることがあることを理解してくれるはずです。

最後に、お子さんが義務教育を受けている場合には、長期間小学校を休ませることは問題になることがありますので、その点も注意が必要です。

コメント