母の日に現金を祝儀袋に入れても良いの?金額の相場や渡し方も解説!

母の日現金祝儀袋 母の日

お花屋さんやスーパーの店先にカーネーションが並び始めると、もうすぐ母の日がやってきますね。

今年は何を贈ろうかなと考え始める方も多いでしょう。

そんな中、母親にお小遣いをあげても良い年齢になったと思う方もいるかもしれませんね。

そこで、今年は現金を贈ることも考えている方もいるでしょう。

ただ現金を贈る場合、祝儀袋に入れて良いのか迷われる方もいると思います。

できるだけ上手に渡したいものですよね。

ここでは、母の日に現金を贈る際に適した祝儀袋と、金額の相場、上手な渡し方についてまとめましたので参考にしてみてください。

母の日に現金を祝儀袋に入れる正しい方法

まず親子間であっても、むき出しのままの現金をポイと渡すのは非常識とされています。

そこで、お金を包むと言えばご祝儀袋が一般的ですが、母の日には少し合わないかもしれませんね。

母の日はお祝いの日というより、感謝を伝える日ではないでしょうか?

なので、祝儀袋の代わりに、綺麗な封筒に入れて渡すのがおすすめです。

お札を折らずに入れられれば、レターセットの封筒でも問題ありません。

ただし、郵便番号の枠が書かれていないものの方が好ましいでしょう。

逆に、避けた方が良いのは「ぽち袋」です。

お金を入れるために使われる袋ですが、「ぽち袋⇒お年玉⇒子供」という連想が働いてしまい、「私のことを子供だと思ってお小遣いでもって意味?」と思われることもあるかもしれません。

お祝いでない場合、自分よりも年下の人からお金をもらうことはほぼありませんので、お小遣い的なイメージを払拭できる封筒を用意するのが無難です。

母の日は特別な日です。感謝の気持ちを表すため、現金を贈る際は祝儀袋を使いましょう。包む方法からメッセージの書き方まで、私たちはあなたを全力でサポートします。

母の日のご祝儀:いくらが妥当?

母の日に現金を贈る場合、気になるのは金額の相場ですよね。

実際に現金を贈る場合、相場は5000円~10000円が多いです。

母の日のプレゼントの平均予算は、だいたい3000円~5000円程度なので、現金を贈るとなるともう少し金額が高くなってしまいます。

自由に好きなものを買ってほしいという思いがある場合は、3000円では少し物足りないかもしれませんよね。

そのため、相場が5000円以上からになっているのだと思います。

30代の会社の同僚は、夫婦から母の日のプレゼントとして現金を贈ったという話を聞きました。

その時は1万円を贈ったそうです。

1万円だと、日帰り温泉旅行、靴や洋服の購入、美容室、マッサージなど、使い道がたくさんあり、有意義に使ってもらえると思ったそうです。

実際に、お友達との日帰り温泉旅行に行ってきたと喜んで報告してくれたそうです。

ただし、相場はあくまで参考程度なので、現金の金額がどれだけであっても、母への感謝の気持ちがこもっていると喜んでくれるはずです。

無理をして高額な現金を贈る必要はありません。自分の予算内で渡すことが大切です。

母の日のご祝儀の金額は、あなたの状況と関係によって変わります。

様々なケースに合わせた金額の相場を提供します。

大切なのは、感謝の気持ちを伝えることです。

母の日の現金贈り物:心構えと注意点

母の日に現金を贈る場合、渡し方や注意点を押さえておくと良いですね。

単に現金をポンと渡してしまうと、「面倒くさがっているのでは」と勘違いされるかもしれません。

現金は綺麗な封筒に入れましょう。

さらに母の日らしくするためにも、感謝のメッセージも添えることが大切です。

母の日は、日頃の感謝の気持ちを伝える日ですから、現金を贈る場合でも、「感謝のメッセージ」を添えることで、あなたの気持ちを伝えることができ、とても喜ばれます。

例えば、「いつもありがとう。これからも元気で長生きしてね。」「まだまだ全然足りないけど、これからも親孝行していくから長生きしてね。」といった感謝の言葉を添えると良いでしょう。

もしメッセージが気恥ずかしいという場合は、一輪のカーネーションを添えることで、母の日らしい贈り物となります。

好きなものを買ってもらうために現金を贈るので、花束ではなく一輪のカーネーションでも全く問題ありません。

母の日の現金のプレゼントは、あなたの心からの感謝を示す素晴らしい方法です。金額を決める際は、心からの気持ちを大切にしましょう。母への愛情を表現するのに、金額は関係ありません。

まとめ

母の日に現金を贈る人は一定数います。

受け取るお母さんたちは「自分の好きなものに使える」ということで、多くの場合、喜んで受け取ってくれるようです。

ただ母の日に感謝の気持ちを込めて贈るので、ただ現金を渡すだけではなく、綺麗な封筒に入れて渡しましょう。

そして、できるだけ「いつもありがとう!」という気持ちのメッセージを添えるか、一輪のカーネーションを渡すと完璧です!

普段なかなか口に出せない感謝の気持ちを伝えることができると良いですね。

素敵な日にしてください^^

コメント