母の日に造花を贈るのは失礼なのか?プリザーブドフラワー、ドライフラワー、ソープフラワーはNGなの?

母の日に造花を贈るのは失礼なのか? 母の日

この記事では母の日に造花を贈るのは失礼なのか?生花と造花の違いやメリット、相手の好みや関係性に合わせた選び方を紹介します。

母の日にプリザーブドフラワー、ドライフラワー、ソープフラワーなどの造花を贈るのは失礼にあたるのではないかと悩んでいる人は多いようです。

失礼にあたると考える理由は、プリザーブドフラワー、ドライフラワーは既に命を終えた枯れた花であること、造花はニセモノで安物に見えることなどが挙げられています。

では、母の日に造花をプレゼントするのは本当に失礼なのでしょうか。

詳しく説明していきます。

母の日に造花を贈るのは失礼か?

母の日には生花を贈るのが一般的ですが、造花を選ぶ人もいます。

造花は風水では死に花と呼ばれ縁起が悪いとされていたり、安っぽく見えたりするというデメリットが考えられます。

しかし、自分の子供からのプレゼントであれば造花でも嬉しいという母親もいるでしょう。

ただし、親子関係や嫁姑関係が良好でない場合は、造花を贈ると失礼に感じられるかもしれません。

そういう場合は生花を選んだほうが無難です。

また、生花が苦手な人もいるので、相手の好みや体質を確認することも大切です。

母の日のプレゼントを造花にするメリット

母の日の贈り物を造花にするメリットは、造花は手間がかからないことが最大の魅力ですね。

それだけでなく、他にもこんな良い点があります。

造花はいつまでも美しい

造花は枯れる心配がないので、時間に余裕をもって購入できます。

生花は、贈る日や前日に急いで買わなければなりませんね。

欲しい花が売り切れていたり、お母さんの好きな花がなかったりすると残念ですね。

造花は軽くて送りやすい

造花は水に浸ける必要がないので、持ち運びは楽です。

また、遠くに住むお母さんにも郵便や宅配便で送れます。

これは便利ですね。

長く咲くプリザーブドフラワーをプレゼントしよう

プリザーブドフラワーは生花を特別な方法で加工して長く保存できるようにした花です。

造花とは違って本物の花です。花粉や香りがないので生花にアレルギーがある人にも安心です。

水やりは不要ですが、暑さや湿気には弱いので涼しく乾燥した場所に置きましょう。

1〜2年ほどは美しく咲いてくれます。気候によっては変わりますが。

生花に似た見た目で記念日に喜ばれる花です。

石けんの花・ソープフラワーを贈ってみよう

ソープフラワーは石けんでできた造花です。

造花といっても本物の花にそっくりに作られているので見間違えるほどです。

バスタイムにも使えるものもあって楽しみ方はいろいろです。

ソープフラワーは造花なので、造花に抵抗がある人には向かないかもしれません。

まとめ

造花は失礼と感じる人もいるので、生花かどうかで迷っているなら、生花を贈るのが無難でしょう。

でも、生花の香りや花粉がダメな人には、プリザーブドフラワーがいいですね。

ソープフラワーは造花でも気にならない人ならOKです。

義母でも親子ですから、子供からのプレゼントなら造花でも嬉しいと思います。

コメント