ハロウィンでゾンビなのはなぜ?現代まで繋がる理由は?

ハロウィン

海外発祥のお祭りであるハロウィンは、近年日本でも人気が高まっています。

渋谷の有名交差点では、祭りの雰囲気に乗じて駐車中の車が横転・破損するなどの事故が発生し、交通渋滞がニュースにもなりました。

ハロウィンになると、多くの人がゾンビの仮装をします。

しかし、なぜゾンビの仮装をするのでしょうか?

ハロウィンとゾンビの関係の背後にある理由を調査し、その過程で、日本人が仮装をするのが好きな理由を見つけました。

ハロウィンにゾンビの仮装をするのはなぜ?

ハロウィンといえばゾンビの仮装。

そんなゾンビの仮装の理由は、以下の2つの理由でした。

  • 異世界の魔女や悪霊に人間ではないことを訴えるため
  • 魔除けのため

しかし、まずは、ハロウィンの起源を調べてみましょう。

ハロウィンは、10月31日に開催される毎年恒例のお祭りに由来します。

生者の世界と死者の世界の間の扉が開かれ、魔女、悪霊、その他の名前のない存在が死者の魂とともにやってくると言われています。

では、これらの魔女や悪霊はなぜやってくるのでしょうか?

それは、生きている者の魂を盗みに来ると言われていました。

そのため、人々は人間として認識されないように仮装をするようになりました。

現代のハロウィンの仮装は、ゾンビや魔女、コウモリ、怪獣など怖いものが多いですよね?

人間とはかけ離れた衣装を着ることで、異世界からやってきた魔女や悪霊に「私は人間じゃない!」というメッセージを送っているのです。

また、仮装をすることには魔除けの意味があり、怖いものに扮することで、魔女や悪霊を怖がらせて追い払う意味もあります。

その結果、ハロウィンの仮装には人間離れした恐ろしいものが含まれるようになりました。

その他にもハロウィンでは、かぼちゃも飾りますよね。

なぜなのか、ご存知ですか?

ハロウィンは、「諸聖人の日」と呼ばれるケルトの宗教行事が起源でした。

カブやビーツなどの野菜をくり抜いて提灯を作り、飾りつけて魔除けをしていました。

現在はカボチャを飾ることが多いですが、ハロウィンが生まれた当初は他の野菜も使用されていたのは驚きですよね。

この諸聖人の日はアメリカにもたらされました。

当時、カブやビーツはアメリカでは入手できていませんでした。

そのため、収穫量の多かったかぼちゃが代用されるようになったとのことです。

ここで私達が見慣れるかぼちゃの飾りが始まったんですね。

かぼちゃはカブやビーツよりも扱いやすく、加工しやすいという利点もあり、ハロウィンといえばかぼちゃが連想されるようになりました。

ハロウィンはなぜ日本で人気?

では、なぜハロウィンは日本で人気になったのでしょうか?

詳しく知りたいですよね。

これには2つのよく知られた理由があります。

1つ目の理由は、1997年に「ハッピーハロウィン・パンプキン・パレード」というパレードを開催した東京ディズニーランドです。

2つ目は、川崎市で開催される仮装パレード「カワサキハロウィン」です。

川崎市のシネマコンプレックス開館10周年を記念し、閑静な秋の季節にPRイベントとして企画されたイベント。

そこからハロウィンイベントが徐々に増えてきました。

また、インターネットやカメラ付き携帯電話の普及により、仮装をした写真をネット上で撮影し、友達と共有するなど、日本でのハロウィンの人気に貢献しました。

日本人はお祭りが大好きです。

しかし、内気で細かいことにこだわる傾向もあります。

ゾンビの着ぐるみを着て普段とは違う自分になれることで、人見知りを克服し、創造性を開花させ、年々精巧でクリエイティブな着ぐるみが生まれています。

トリックオアトリート!の意味

ハロウィンの楽しみの一つである、子どもたちは「トリックオアトリート!」と言いながらお菓子をもらえることができますよね。

この魔法のような言葉の意味を知っていますか?オアトリート」となりますが、英語で書くと「Trick or Treat」となります。

そのままの意味は「いたずらかお菓子のどちらかを選んでください」ということです。

かぼちゃのお化け「ジャック・オー・ランタン」

ジャック・オー・ランタンとは、カボチャの中に刻んだ顔を作って、中にロウソクを灯して作る飾り物です。

かつて、ジャックというアルコール飲料好きの悪人がいました。

彼は悪魔に魂を奪われそうになりましたが、悪魔を巧みに騙しました。

年を重ねたジャックは最期が迫り、悪魔に騙されたことや悪いことをしてきたため、天国にも地獄にも行けない運命にありました。

ついでに、ジャックはあの世とトンネルを繋ぐ道を飛んでいましたが、その時に使ったのがカボチャのランタンでした。

このため、いつも「魔除けの火」として、ハロウィンでカボチャのランタンとして飾られるようにになりました。

まとめ:ハロウィンでゾンビなのはなぜ?現代まで繋がる理由は?

ハロウィンはアメリカから届いたものですが、もともとケルト人の祭りであるため、キリスト教の祭りとしては祝われていません。

そんなハロウィンでゾンビの仮装をする理由は、

  • 異世界の魔女や悪霊に人間ではないことを訴えるため
  • 魔除けのため

の2つの理由からでした。

現在では、アメリカでも日本でも多くの人が楽しむお祭りとなっています。

今年のハロウィンも楽しみですね。

コメント