浴衣の襟、男性はどっちが上?正しい着こなしのポイント

浴衣の襟、男性はどっちが上なのでしょうか? 浴衣

浴衣姿は夏の風物詩として、多くの人々に愛されています。

男性はあまり浴衣を着る機会はないと思いますが、この夏は浴衣を楽しむのも良いと思います。

しかし、男性の場合、浴衣の襟の正しい着こなし方について知っている方は、どれくらいいるでしょうか?

私もいきなり言われると、はたしてどちらが上なのか、はっきり答えることはできませんでした。

皆さんも同じような、疑問を持たれると思います。

そこで、本記事では、男性が浴衣を着る際のポイントと、襟の上下について解説します。

ささやかな疑問ではありますが、それを解消しましょう。

ぜひ、この夏の浴衣スタイルをより魅力的に演出するためのヒントを、この記事から探ってみて下さればと思います。

浴衣の襟、男性はどっちが上か、正しい着方を解説

浴衣を着る際、男性の方々やカップルが気になるのが、襟の上下の位置です。

正しい着こなしは、華やかさや品のあるスタイルを演出するために重要なポイントとなります。

以下では、浴衣の襟の正しい着方について詳しく解説します。

襟の上下は「左が上」が基本

浴衣の襟の上下には一般的な決まりがあります。男性の場合、襟の上側を左にするのが一般的な着こなし方です。

このスタイルは、歴史的な背景やマナーの観点からも重要視されています。

なぜ「左が上」が基本なのでしょうか。

実は、この着こなしの基本は、江戸時代の風習に由来しています。

当時は武士や庶民の方々が浴衣を着用し、社会的地位や身分を示す重要な要素でした。

左側に刀を携える武士の方々が、浴衣でも同じように左が上になることで、刀の扱いに慣れ親しんだことを示す意味が込められていたのです。

また、マナーの観点からも「左が上」とすることで、他の人との出会いや挨拶時に衣服がぶつからないようにする効果があります。

一般的な浴衣のスタイルでは、この伝統的な着こなし方が好まれています。

例外的なケースもある

一般的には「左が上」が基本ですが、例外的なケースも存在します。

地域やイベントによっては、襟の上下が逆になることがあります。

特に、某地方の祭りや特別な行事では、逆さまの着こなし方が伝統的なスタイルとされています。

しかしこれらは限られたケースであり、一般的な浴衣スタイルでは「左が上」とすることが多いので、基本的にはそれに従って着ることをおすすめします。

浴衣の襟の上下について理解し、正しい着こなしを心がけましょう。

自分の個性や好みに合わせて、華やかで品のある浴衣スタイルを楽しんでください。

浴衣を着こなすための記事・まとめはこちら>>>

魅力的な浴衣スタイルのポイント

浴衣を着こなす際に、魅力的なスタイルを作るためのポイントを紹介します。

個性を引き出し、華やかさやトレンド感を取り入れたスタイルで、夏の浴衣姿を楽しんでみましょう。

カッコよく決めるためには

男性が浴衣をカッコよく着こなすためには、以下のポイントに注目しましょう。

まず、シンプルで清潔感のあるデザインの浴衣を選ぶことが重要です。

無駄な装飾や派手な柄は避け、落ち着いた色合いや上品な柄が大人の魅力を引き立てます。

また、浴衣のサイズやシルエットにも注意を払いましょう。

ぴったりと身体にフィットするサイズを選び、すっきりとしたシルエットを作ることでスタイリッシュな印象を与えます。

帯の結び方や小物の使い方も重要です。

帯は締め方や結び目の位置によって印象が変わります。

カジュアルな雰囲気を出したい場合は、ゆるく結んだり、長めに垂らしたりするのもおすすめです。

一方で、よりフォーマルな場にはしっかりと締め上げ、結び目をすっきりとまとめると良いでしょう。

さらに、小物として扇子や巾着袋、髪飾りなどを取り入れることで、より個性的なスタイルを演出できます。

トレンドを取り入れる

季節ごとのトレンドを意識して浴衣スタイルに取り入れることもおすすめです。

例えば、今年のトレンドカラーや人気の柄を選んでみましょう。

花柄や縞模様、動物柄など、自分の好みや雰囲気に合った柄を選ぶことで、よりオシャレな印象を与えることができます。

また、ヘアスタイルやアクセサリーもトレンドを取り入れるポイントです。

髪型は浴衣に合わせてアレンジすることで、より一層華やかな印象を演出できます。

アクセサリーも浴衣の雰囲気に合わせて選びましょう。

たとえば、ビーズや花のヘアピン、涼しげなストローハットなどを取り入れると、トレンド感のあるスタイルを作ることができます。

魅力的な浴衣スタイルを作るためには、自分自身の個性や好みを大切にしながら、シンプルさやトレンド感を意識しましょう。

カッコよく決めるためのポイントやトレンドの取り入れ方を押さえながら、夏の浴衣姿を存分に楽しんでください。

浴衣を着こなすための記事・まとめはこちら>>>

浴衣の襟、男性はどっちが上なのか・まとめ

浴衣の襟の上下について、男性は一般的に「左が上」とするのが正しい着こなし方です。

しかし、地域や場合によっては逆のパターンも存在しますので、注意が必要です。

重要なのは、自分自身が自信を持って浴衣を楽しむことです。

正しい着こなしを意識しながら、個性を取り入れたスタイルで夏の風物詩を楽しみましょう。

浴衣を着こなすための記事・まとめはこちら>>>

コメント