ハロウィンのお菓子をもらう言葉「Trick or Treat」の意味とは?

ハロウィン

ハロウィンの季節が近づくと、子供たちはワクワクしながら仮装の準備を始めますね。

そして、ハロウィンの夜になると、「Trick or Treat」という言葉を口にしながら、お菓子をもらうために家を訪れます。

でも、この「Trick or Treat」って、一体何を意味しているのでしょうか?

今回は、この言葉の意味とハロウィンの由来について詳しく解説します。

ハロウィンのお菓子をもらう言葉「Trick or Treat」の意味

「トリック・オア・トリート」という言葉は、ハロウィンの夜に子供たちが仮装をして近所を回り、お菓子をもらう際に使われます。

このフレーズは、「お菓子をくれないといたずらをするぞ」という意味が込められており、大人たちに対してちょっとした脅しをする楽しいやり取りが含まれています。

「トリック・オア・トリート」の「トリック」は「いたずら」、「トリート」は「お菓子をあげる」という意味です。

しかし、「トリート」にはもともと「待遇する」「施しをする」という意味があり、ハロウィンでは「お菓子をあげる」という意味に派生しています。

一方、「トリック」のコアイメージは「目的をもってだます」ですが、ハロウィンで使われる「トリック」は「いたずら」という意味になっており、「目的をもってだます」からは少し意味がズレています。

このように、「トリック・オア・トリート」は一見すると単なるフレーズに見えますが、実はその背後には深い意味と歴史が隠されています。

魔法の言葉の意味が解ると、ハロウィンの夜がますます楽しみになりますね。

さらに詳しく説明すると、「トリック・オア・トリート」は本来「Treat me or I’ll trick you.」という言葉が省略されたもので、直訳すると「私にお菓子をくれないと、いたずらをするぞ」という意味になります。

つまり、子供たちはお菓子をもらうために、大人たちに対してちょっとした脅しをする、という楽しいやり取りが含まれているのです。

ハロウィンの由来と「Trick or Treat」の起源

ハロウィンという祭りは、古代ケルト人の信仰に由来しています。

彼らは年の終わりを10月31日と定め、この日には先祖の霊が死後の世界から現世に戻ってくると信じていました。

この時、善良な霊だけでなく、邪悪な霊も一緒に戻ってくるとされていました。

そのため、人々は邪悪な霊を驚かせて追い払うために、仮装をする習慣が生まれました。

この仮装の習慣と共に、「Trick or Treat」というフレーズも生まれました。

子供たちは仮装をして各家を訪れ、お菓子をもらう代わりに邪悪な霊を追い払うという役割を果たしていたのです。

つまり、「Trick or Treat」は、邪悪な霊を追い払うためのフレーズとして始まったのです。

また、ハロウィンでよく見かける「かぼちゃの提灯」についても触れておきましょう。

これは英語で「Jack-o’-Lantern」と呼ばれ、かぼちゃに怖い顔が彫られ、中にはろうそくが入れられています。

古代ケルト人が主に栽培していたカブが元々使われていましたが、現在ではかぼちゃが一般的になっています。

「Jack-o’-Lantern」を置くことで邪悪な霊を追い払い、善良な霊を引き寄せるとされています。

このように、ハロウィンの「Trick or Treat」は、ただ単にお菓子をもらうためのフレーズだけではなかったのです。

古代の人々が邪悪な霊を追い払うためのフレーズとして始まったことを理解すると、ハロウィンの楽しみが一層深まるかもしれません。

子供たちが「Trick or Treat」と言ってドアをノックするたびに、このフレーズの背後にある深い意味と歴史を思い出してみてください。

そして、子供たちが待ち望んでいるお菓子を渡すその瞬間に、ハロウィンの真の楽しみを共有してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ハロウィンの「Trick or Treat」は、ただお菓子をもらうための言葉では無かった。

古代の人々が悪霊を追い払うための言葉として始まったことを知ると、ハロウィンがさらに楽しくなるかもしれませんね。

子供たちが「Trick or Treat」と言ってドアをノックするたびに、この言葉の背後にある深い意味や歴史を思い出してみてください。

そして、子供たちが楽しみにしているお菓子を渡すその瞬間に、ハロウィンの本当の楽しさを共有してみてはいかがでしょうか。

コメント