ネイル時間目安で失敗知らず!初心者は知らなきゃ損の意外なコツ

ネイル

この記事では、ネイルにかかる時間の目安について詳しく解説しています。

セルフジェルネイルやサロンでのネイルの所要時間、さらには時短テクニックまで、あらゆる角度から「ネイルの時間」を探求します。

この情報をもとに、効率的なネイルケアの計画を立てることができますね。

記事を読むことで、あなたのネイルライフがより豊かになることをお約束します!

ネイルの時間目安: セルフジェルネイルとサロンの違い

セルフジェルネイルとサロンでのジェルネイル、どちらも人気ですが、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。

それぞれの特徴と目安の時間を見てみましょう。

セルフジェルネイルの時間目安とは

セルフジェルネイルは、自分で家で行うネイルアートのことを指します。

特に初心者の方は、どれくらいの時間がかかるのか不安に思うことが多いですね。

実際には、オフからアートまでの工程で、約3~6時間はかかることが一般的です。

特に、初めての方は時間がかかることが多いですが、それも練習と経験の積み重ねで、次第に時短できるようになることでしょう。

面白くて、楽しい時間を過ごせると思います!

サロンでのネイルの時間目安

一方、サロンでのネイルは、プロのネイリストさんが施術してくれるので、結果がきれいですね。

サロンでは、シンプルなデザインならば、約1.5~2時間で施術が完了します。

ただし、デザインやアートの内容によっては、もう少し時間がかかることも。

それでも、サロンでの施術は、自分でやるよりも早く、また綺麗に仕上げてくれるのが魅力的ですよね。

セルフジェルネイル初心者のための時間目安

先にもお伝えしましたが、セルフジェルネイルは自宅でのネイルアートですね。

ここでは、セルフジェルネイルに関して、詳しく見ていきます。

それでは、初心者がセルフジェルネイルにかける平均時間と、各工程の目安時間について詳しく見ていきましょう。

初心者がセルフジェルネイルにかける平均時間

実際、初心者の方がセルフジェルネイルを始めたばかりの頃は、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。

一言で言えば、慣れるまでは時間がかかるのは自然ですね。

両手をキレイに仕上げるのに5~6時間程度かかることも。

しかし、続けていくうちに3時間程度でシンプルなデザインのネイルができるようになると思います。

面白いことに、ネイルサロンでもシンプルなデザインで約2時間近くかかるんです。

だから、セルフジェルネイルで倍の時間がかかるのは、まあ納得ですよね。

各工程の目安時間

セルフジェルネイルの各工程の時間を知っておくと、効率よくネイルができるかもしれませんね。

以下に、各工程の目安時間(両手)をリストで紹介します。

  • オフ: 40分~80分
  • プレパレーション(下準備): 40分~80分
  • 長さ出し: 40分~80分
  • ベースジェル: 20分~40分
  • カラージェル(二度塗り): 40分~60分
  • アート: 30分~60分
  • トップジェル: 20分~40分

ちなみに、ジェルの種類やデザインによっても、この時間は変わってくるんです。

だから、このリストはあくまで参考程度にしてくださいね。

それにしても、セルフジェルネイルって楽しいですよね。

手間はかかるけど、自分の好きなデザインを自分のペースで楽しむことができるのは、本当に魅力的だと思います。

ネイルが完成した時の達成感も何とも言えませんね!

ネイルの時間短縮テクニック

ネイルをする時、時間をかけずにキレイに仕上げたいですよね。

特に、忙しい毎日で自分でネイルをする時、早く終わらせたいですよね。

ここで、初心者でもできる時短のコツをお伝えします!

ネイルを取る時の早く終わらせる方法

ネイルを取る時、ちょっとした動きや使うものを工夫すると、すぐに終わることができます。

たとえば、ネイルをとる液を使う前に、ネイルを薄くすると、取る作業がラクになります。

そして、アルミの紙で指を包んだ後、特別な袋を使うと、ネイルをとる液がすぐに飛んでしまうのを防げるんです。

これ、とっても便利ですよ!

ネイルの下準備の方法

ネイルの下準備は、早く終わらせたいからといって飛ばすと、ネイルのもちが悪くなってしまいます。

この工程で爪をきれいにし、ネイルが長持ちするように準備をします。

甘皮の処理や、爪の形を整えることなども含まれ、丁寧に行うことでネイルがきれいに仕上がりますよね。

初心者の方も、この「下準備」をしっかりと行うことで、綺麗なネイルを長く楽しむことができると思います!

ネイルの塗り方のコツ

塗り方にもコツがありますね。

ネイルを「厚く一度塗り」すると、乾きにくいですよね。

逆に「薄く重ね塗り」を心掛けると、発色がキレイに出る上、乾きも早くなります。

塗る順番にも工夫があり、真ん中→右側→左側の順で、三回で塗るのが理想的なんです。

塗り方を工夫することで、ネイルが早く乾くのは面白いですね!

早くネイルを乾かす裏技

ネイルをした後、なるべく早く乾かしたいですよね。

待ち時間を短縮する方法がいくつかあるのを知っていますか?

ここでは、効果的な乾かし方をいくつかご紹介します!

冷蔵庫で冷やす

外気と体温に差があるとネイルは早く乾くんですよ。

冷蔵庫で冷やすことで、その温度差を作ることができるんです。

ネイルを塗る30分前くらいに冷蔵庫に入れておくだけで、乾きが早くなるんです。

面白いですよね。

ただし、冷凍庫には入れないように気をつけてくださいね。

氷水につける

この方法はちょっと面白いですね。

ネイルを塗った後、3分ほど乾かしてから氷水に指をつけるんです。

冷たいのでちょっと辛いかもしれませんが、その分、乾くのが早くなるんです。

でも、冷やしすぎはダメなので、注意してくださいね。

ドライヤーの冷風をあてる

ドライヤーの冷風を使ってネイルを早く乾かす方法もありますね。

冷風でネイルの乾燥と、指の温度を下げることができるんです。

ただ、風が強すぎるとネイルがよれてしまうので、弱風でやるか、少し離してやるのがおすすめです。

塗り方に注意

ネイルの塗り方も大切ですね。

厚く塗るとなかなか乾かないので、薄く塗ってから二度塗りするのが良いんです。

この方法で、中までしっかり乾くので、キレイに仕上がるんです。

オリーブオイルを塗る

これはちょっと意外な方法かもしれませんね。

ネイルにオリーブオイルを塗ることで、乾きが早くなるんです。

さらに、ネイルが乾燥するのを防ぐ効果もあるんですよ。

オリーブオイルは食用でも化粧用でも大丈夫です。

ただし、匂いが気になる人は化粧用のものを使うと良いですね。

速乾性のネイルを使う

最後に、速乾性のネイルを選ぶことも大切ですね。

速乾タイプのネイルは、乾くのが早いので、時間短縮に役立ちます。

パッケージに「速乾性」「速乾タイプ」と書かれているものを選んでくださいね。

これらの裏技を試して、早くネイルを乾かす方法を見つけてくださいね。

ネイルが早く乾くと、待つ時間が少なくなるので、とても便利ですよね。

まとめ

ネイルアートを楽しむ際の時間は、セルフジェルネイルやサロン利用によって大きく変わることがわかりました。

初心者でも、適切な目安を知ることで、効率的に美しい仕上がりを追求できます。

さらに、短縮テクニックや裏技を駆使することで、もっと手軽に楽しむことが可能です。

美しさを追求しながら、時間の有効活用を心がけることで、ネイルアートの楽しみはさらに広がるでしょう。

コメント