桜の品種改良はいつから?ソメイヨシノの歴史

もうすぐ春が訪れ、桜の花が咲き始めます。春の暖かさが待ち遠しいですね。

桜といえば、河津桜や山桜などの品種が存在しますが、最も人気があるのはおそらく「ソメイヨシノ(染井吉野)」でしょう。

ソメイヨシノは、江戸時代末期に染井村(ソメイムラ)で誕生し、生まれてから約150年の歴史があります。

と言う事で今回は、日本の桜の代表的な品種であるソメイヨシノの歴史と特徴について紹介していきたいと思います。

ソメイヨシノは品種改良によって生み出された、歴史は比較的浅い桜

毎年、3月末から4月初めにかけて、美しい花を咲かせる「ソメイヨシノ」は、その美しさで多くの人を魅了しています。

しかしながら、ソメイヨシノの歴史は比較的浅く、生まれてから150年も経過していない桜であることが知られています。

大河ドラマ等の時代劇などで、春のシーンが描かれる際には、しばしばソメイヨシノが登場しないことがあります。

これはなぜかと言うと、その時代にはまだソメイヨシノが存在していなかったためです。

実は、ソメイヨシノは天然の桜ではなく、人間が品種改良によって生み出した桜であるということなのです。

品種改良によって生まれた桜ソメイヨシノの名前の由来

江戸時代末期、江戸郊外の染井村(ソメイムラ)の植木屋さんで販売されたのが、ソメイヨシノの始まりだとされています。

染井村の園芸職人たちは、それまで存在していた桜の「エドヒガン(江戸彼岸)」と「オオシマザクラ(大島桜)」を交配させ、品種改良してソメイヨシノを作り出しました

ソメイヨシノは、桜のハイブリッドと言えるのではないでしょうか。

ソメイヨシノは、売り出された当時「吉野桜」と言う名前でした。しかしこれは有名な奈良県の吉野山に咲くヤマザクラ「吉野桜」とは関係ありません。

当時、吉野山のヤマザクラは日本一の桜の名所であったため、「吉野桜」と命名することでその名にあやかろうとしたものであって、吉野桜(ソメイヨシノ)と吉野山の桜には何のつながりもありません。

明治に入り、日本の近代化が進むと、成長が早く手入れが簡単で美しい吉野桜(ソメイヨシノ)が全国的に広まりました。

吉野桜(ソメイヨシノ)の知名度が上がるにつれ、吉野山の桜と混同されないように、「染井村の吉野桜」を略して「染井吉野(ソメイヨシノ)」と命名されました。

日本の桜ソメイヨシノ品種改良で生まれたが実は…

ソメイヨシノは雌雄異株であり、自然交配が困難であるため、人の手によって添え木などの方法で増やされています。

そのため、日本全国や世界の各地にあるソメイヨシノは、オリジナルの数本からクローンされたものとなります。

しかし、青森県弘前公園にある樹齢130年のソメイヨシノは、少数のオリジナルソメイヨシノではないようです。

現在、第一世代のオリジナルソメイヨシノが絶滅してしまったのかどうかは不明ですが、この事実には少しロマンを感じますよね。

一方、クローン技術は、クローンヒツジのドリーなどで有名ですが、寿命が短いことが指摘されています。

植物にも当てはめることができるかは不明ですが、ソメイヨシノの寿命は約60年とされており、長寿とは言えません。

そのため、青森県弘前公園にある樹齢130年のソメイヨシノは、どれだけ貴重であるかがわかります。

まとめ

毎年春になると、ソメイヨシノの美しい花を楽しむ人々も多いでしょう。

しかし、その美しさには儚さがあります。一瞬にして花を咲かせ、散っていく姿は、人々の心を惹きつけます。

そんなソメイヨシノの背景には、人々が品種改良によって多くの苦労を重ねた歴史があります。

雄しべと雌しべでの自然交配が難しいソメイヨシノは、人々が様々な方法で人工的に交配を行い、繁殖してきたものです。

そのため、現在全国に存在するソメイヨシノは、少数のオリジナルのクローンとされています。

ソメイヨシノが咲く季節は短いですが、その儚さと美しさは多くの人々を魅了し、春の風物詩の一つとなっています。

その歴史を知るとソメイヨシノの儚い美しさが、また違った視点で感じられるのではないでしょうか。

コメント